ハイヤー乗務員になるのに不可欠な二種免許の教習内容

  • ハイヤー乗務員志望者は地理試験の受験方法を覚えよう

    • ハイヤー乗務員になるためには輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験に合格しなければなりません。この試験は通称地理試験と呼ばれていますが、いったいどのように受験すれば良いのでしょうか。

      話題になっているハイヤーの乗務員を知りたいならご活用ください。

      東京都内でハイヤー乗務員として勤務する場合を例に地理試験の受け方について述べると、都内では祝日と年末年始を除く、毎週月曜、火曜、金曜に地理試験を実施しています。

      地理試験を受けたいハイヤー乗務員の志望者は、受験したい日の前日の16時までに試験を実施している公益財団法人の教務部窓口に行くか、電話で申し込む必要があります。
      東京都の場合、試験は公益財団法人の事務所内で行われます。予約した日がきたら、地理に関する試験を受ける人は10時までに、法令や安全、接遇などの知識を問う試験を受ける人は13時までに、筆記用具、運転免許証、受験料を持参して試験会場に行き、受付を済ませましょう。
      受付での手続きから試験会場を出られる状態になるまでの所要時間は2時間程度となっており、2つの科目を両方とも受験する場合は4時間は試験会場およびその周辺に滞在することになります。



      地理試験の採点は、試験終了後すみやかに実施され、合格発表も会場で実施されます。



      2科目すべてに合格した人には合格証が、1科目のみ合格だった人には科目合格通知書が渡されます。
      合格および科目合格の効力は2年間ですが、合格者がその後ハイヤー乗務員として勤務するようになった場合、地理試験合格の効力は勤続している限り続きます。
      もし、入社後すぐにこの試験を受ける場合は、合格した後に次の研修へ進みます。

top