ハイヤー乗務員になるのに不可欠な二種免許の教習内容

  • ハイヤー乗務員は先を読む・気を配ることが肝心

    • ハイヤーの乗務員になりたいと考えている方に仕事の肝となることをここで書きたいと思います。


      まずハイヤーとは何なのか。個別輸送機関と呼ばれる特定の乗客を乗せるものです。
      目的地までの距離により料金が決まるタクシーとは違い、時間や一日貸切りで利用し料金が決まります。

      ハイヤーは企業のトップや政治家、海外のVIPをお乗せする高級個別輸送機関として位置づけられており、乗務員はそれらのお客様を満足させられるだけの高い運転技術と接客が必要になります。

      ハイヤーの乗務員について紹介しています。

      よく利用されるのは企業の専属の社用車として運行する形態です。



      社長や役員などが日中の用事で出掛けたり、朝夕の自宅の送り迎えに使われます。ハイヤーの車内はお客様にとって「動く執務室」の役割を果たさなければなりません。



      快適に安心してご乗車いただくために、安全運転に徹しヒヤリとするような運転も控えなければなりません。

      車内での会話は極力行わず、必要最低限のことだけにします。

      「先を読む・気を配る」ことがこの仕事の大事なことです。
      運転に関しては、後ろのお客様に怖い思いをさせることがないよう、周りの交通状況を‘読んで’安全に運転します。


      中にはキビキビした運転を好まれる方もいますので、そのようなお客様の心を‘読み’、できるだけ希望にそった運転をするのがいいでしょう。


      車内の空調の好みは人によって違います。

      荷物をもってあげたり、降車しやすい場所に停車するなどハイヤーの乗務員は様々なところに気を配る必要があります。

top