ハイヤー乗務員になるのに不可欠な二種免許の教習内容

  • ハイヤー乗務員の入社後の研修はどのように進むのか

    • ハイヤー会社に乗務員として入社したら、最初の数ヶ月間は研修の日々が続きます。
      まず最初に、普通、中型、大型のどの二種免許も所持していないまま入社してきた場合は、普通二種免許を取得します。
      指定自動車教習所に入校することになり、通常であれば20万円あまりの費用を自分で負担しなければなりませんが、会社によっては研修および資格取得支援の一環でこの二種免許の取得費用を全額負担してくれることがあります。免許の取得に手こずると、以後の研修スケジュールにも影響が出るので、できるだけ1回で合格できるように準備したいところです。

      ハイヤーの乗務員について気になる方はこちらです。

      東京、大阪、神奈川、札幌、広島、福岡など、法令で指定された地域でハイヤー乗務員として勤務する人は、普通二種免許を所持した後に地理試験の合格を目指します。
      この試験を受けるまでの過程の中で、勤務地の地理や関連法規、マナーなど、ハイヤー乗務員として仕事をするにあたって重要な事項の多くを学ぶことができます。
      ハイヤー乗務員になるために必要な資格を取得したら、ようやく社内での研修が本格的に始まります。



      社内研修では、最初に地理試験対策をしたときに勉強した事項について改めて学ぶとともに、会社で使用している車両に取り付けられている機器や無線の操作方法を習得し、その後教習車を使用した実地研修を受けます。



      これが終わればハイヤー乗務員としての仕事の日々がはじまりますが、会社によっては営業所に配属された後にさらに研修を行って、基礎を身につけさせているところがあります。

top