水没もiPhone修理横浜で検索

iPhoneは便利なツール、片時も手放さない人も多いのではないでしょうか。普段はポケットに入れて持ち歩いている人も多いかと思われますが、トイレに入ったときポケットからiPhoneが落ちて便器の中に水没、洗濯するときiPhoneを取り出すことを忘れて洗濯機を回してしまい水没、このような失敗をされた人も多いといえましょう。iPhoneは電子機器ですから、内部にあるプリント基板に水がかかればショートして壊れてしまうケースが多いのです。蓋がしっかりしまっているので内部には水が入らない、このようにイメージされる人も多いかと思われますがわずかな隙間から水滴が入り込めば基板に実装されている電子部品に水滴が付着、これが原因でショートすることが多いのです。

iPhone修理横浜で調べれば、iPhoneの水没修理受付を行っているお店を見つけることができます。ただ、店頭で修理対応を行っているお店よりもメーカ―へ修理受付を行っているお店の方が多いので修理に出すことで数日間は自分のiPhoneを使えなくなります。iPhone修理横浜の中には、お店の中に修理コーナーが設けてあり、水没による故障であれば対応可能なところもあるようです。ただ、プリント基板を交換しなければならないときなど機種によりその場では直すことができないケースもありますので注意が必要です。

水没させてしまったときには、電源を入れて確認をしようと考える人も多いかと思われますが運よく基板に水滴が付着していないこともあり、無理に電源を入れることで基板とは別の場所にある水滴が流れてショートして故障になることもあります。そのため、水没したときにはiPhone修理横浜などで修理専門店を見つけて内部の確認の依頼をされることをおすすめします。電源を入れて起動しても内部に水滴があるとショートする可能性がある、このような認識を持つことが大切です。なお、内部の確認を行うと同時に水滴が付着している場合はそれをきれいに拭き取り、ドライヤーなどのブロアーを使い乾燥させた上で動作確認を行うのが一般的な作業の流れです。

iPhone修理横浜のお店の中には、内部の確認までを行っているところもあるのでネットで専門店を探すときには内部修理などのキーワードを追加して調べると良いでしょう。プリント基板が水没によりダメージを受けているときには基板そのものを交換する必要がありますが、いきなり修理を行うのではなく故障の原因を確認してから修理にかかる費用の見積もりを作成しますので金額を聞いてから判断できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *